• G+
Vol16.

Vol16.様々なAIBO-wareが用意されていたAIBO(3)


最近では様々メーカーがコミュニケーションを楽しむことができるエンタテイメントロボットを発売するようになり、機能を絞って開発していることから1万円台半ばで購入できるという価格を実現しています。このようなロボットの先駆けとなるSONYのAIBOが発売されたときの価格が25万円でしたから、登場して20年足らずのうちに価格が9割以上も下がったことになり、ロボット技術の進歩と普及の速さには本当に驚かされます。そんなエンタテイメントロボットも使っていると「もっとこうした機能に対応していれば…」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。AIBOも発売当初は対応できる機能が限られていましたが、新しいモデルが発売されると共に対応できる機能を増やす様々なソフトウェアが用意され、登録したオーナーの声や顔を認識すると特別な動きで応えるソフトや、好奇心が旺盛だったり明るくて元気だったりする性格にするソフトが発売され、自分好みのモデルにすることができました。こうしたことが、生産を終了してから10年となる今年でも、高い人気を集めている要因ですね。もっともこういったソフトも生産が終了してから10年経つのでメーカーの在庫はすでに無く、中古市場でも徐々に少なくなってきています。当店ではこのようなソフトの買い取りにも力を入れていて、できる限りの買い取り査定を提示しております。AIBOを楽しむためには欠かせないものなので、不要なものがございましたらぜひ当店の買い取りサービスへお見せ下さい。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧