• G+
Vol4.

Vol4. AIBOは全部で6モデル


「ソニー製ではなくソニー生まれである」。このキャッチコピーの下に発売が開始され、子犬に似た可愛らしい姿もあり、生産が終了してからも高い人気を保っている動物型の四足歩行ロボットであるAIBO。生産終了後でも購入を希望する方は後を絶たず、中古の製品でも状態の良いものには新品と変わらない高い値段が付けられていることもありました。買い取り市場でも人気が衰えず、修理サポートの終了した現在では部品用として購入したい方が増えたことも加わり、当店にも買い取りした製品が無いか問い合わせを頂いており、まだまだ人気が衰える様子は窺えません。当店でもユーザー様の希望に答えられるよう不要になった製品などの買い取りに力を入れております。そんなAIBOには6種類のモデルがあることをご存じですか。1999年に初代モデルとして発売されたERS-110にそのスペシャルモデルとして発売されたERS-111。発売時にテレビなどの様々なメディアで取り上げられたことから、AIBOと聞くとこのデザインを思い浮かべる方が多いと思います。2000年になると、50前後の言葉を理解できる音声認識機能を搭載した第2世代のERS-210に、2001年にはより可愛らしいデザインを採用したERS-310と近未来を感じさせるクールなデザインのERS-220にモデルチェンジします。そして2003年には最後のモデルとなるERS-7が発売され、改良を加えられながら2006年3月まで生産されました。全てのモデルを揃え、比べてみるのも楽しそうですね。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧